Push to SNS
シェアする
ツイートする
ポケットする
はてブする
g+する
Postする

設計という、課題解決。

平野庸平(ひらのようへい)さん

株式会社フォーラムエンジニアリング
計測・制御機器製造企業で設計・品質管理に携わる。

現場での気づきが「キャリア」を創り上げている。

私の場合は、高校卒業後に就職した自動車整備会社に、人生を変える「気づき」がありました。それは、多様なメーカーの車に触れる中で、「整備性」つまり設計者視点から考えられる「メンテナンスのしやすさ」という視点が理解できたこと。例えばデザインや見栄えの良さばかりを重視している車では、エンジンルーム内にスペースがないほどエンジン及び付属部品が詰め込まれており、一箇所整備するにも他の部品を動かさねばならない仕組みの物もありました。当然、整備に時間はかかるので技術料も高くなります。この考えは設計思想にも深く関わっているとわかったのです。この経験から、私は設計に携わりたいと考えるようになりました。

幾つかの企業経験後に、フォーラムエンジニアリングに転職。入社後はCADを使った設計に関する仕事で、少しずつ経験を積むことができました。現在は計測・制御機器大手のグループ企業に勤務しています。計測機器などに用いられるメーター製品等の図面修正や図面改訂などの業務を担当していますが、好きだと思うことから少しずつ可能性が広がってきた流れが、今日につながっています。実際にものづくりの現場に携わることで理解していくことが興味深いですし、やはり一番初めの「気づき」が得られたことが大きかったと感じています。スキルの不足や不安も大きかったのですが、経験や技術を得られる・学べるというメリットの大きさの方が、私には魅力的に感じられました。

CAREER SOLUTION

時代と立場に合わせた、エンジニアの輝き方がある。

前川孝雄さん

エンジニアと一緒に、「新しいものづくり」をしていきたい。

中澤優子さん

大手メーカーにもエンジニアにも、できることは、まだたくさんある。

津村敏行さん

未来の生活が変わるイメージを、技術で具現化する。

松井龍哉さん

MY ANSWER

設計という、課題解決。

平野庸平さん

技術を身につければ、「やりたい」は叶えられる。

齋藤寛夫さん

見えてくる課題から、まだ見えないものを描いていく面白さ。

小森修さん