Push to SNS
シェアする
ツイートする
ポケットする
はてブする
g+する
Postする

見えてくる課題から、
まだ見えないものを描いていく面白さ。

小森 修(こもり おさむ)さん

株式会社フォーラムエンジニアリング
車載機器メーカーでハイブリッド制御システムの設計リーダーを担う。
フォーラムエンジニアリング社 社長賞受賞

自分の技術力で、勝負する。

新卒の就職では「小さな会社」ということを基準に選びました。会社全体が見渡せるポジションで働きたいと思ったからです。また、学生時代はソフトウェアの勉強をしていましたが、あえて電気という違う分野に飛び込んで挑戦することにしました。特に回路設計はとても面白く、やりたい仕事をどんどんやらせてもらえました。その会社で、ある派遣社員に出会ったのですが、その方は正社員の人たちよりも専門的な技術を持ち、さらに何を質問されてもすぐに答えられるほど幅広い知識も持っていました。その方に出会ったことで「派遣技術者」という働き方を知り、今の会社に転職することにしたのです。実際に働いてみて、派遣技術者は、組織の考え方にとらわれ過ぎず、自分の技術力で勝負できる働き方であると感じています。

新しい仕事にあたっては、自分の身近にある何かを作ることに携わりたいと考えていました。以前は飛行機の制御システムに携わっていたのですが、そういったものではなく、例えば「お店で自分で買えるもの」「手にとって使えるもの」を作ることに興味を持っていました。そして、ゲーム機やデジタルカメラに使う電池パックの設計開発、車のドアロックのモーター制御、ハイブリッドエンジンの開発と、希望通りの仕事にいくつか従事することができました。もちろん、職場が変わる際は、いつも一から勉強するつもりで、本当にがむしゃらに学んでいきました。

CAREER SOLUTION

時代と立場に合わせた、エンジニアの輝き方がある。

前川孝雄さん

エンジニアと一緒に、「新しいものづくり」をしていきたい。

中澤優子さん

大手メーカーにもエンジニアにも、できることは、まだたくさんある。

津村敏行さん

未来の生活が変わるイメージを、技術で具現化する。

松井龍哉さん

MY ANSWER

設計という、課題解決。

平野庸平さん

技術を身につければ、「やりたい」は叶えられる。

齋藤寛夫さん

見えてくる課題から、まだ見えないものを描いていく面白さ。

小森修さん