モノづくりエンジニアのための情報ポータルサイト|エンジニアピット

ひとつの会員IDで
エンジニアピットの全ての
サービスがご利用いただけます!

初めての方はこちら

会員ID作成(無料)
エンジニアピット会員IDとは

会員情報をお持ちの方はこちら

ログイン
  • HOWTO 職務経歴の書き方
  • CAREER LAB キャリアラボ一覧
  • SPECIAL 特集一覧
  • INFORMATION お知らせ一覧
  • 業界動向レポート
  • エンジニアキャラタイプ診断
  • エンジニアピットからのお知らせ配信中
  • Facebook 公式ページ
  • Twitter 公式ページ

エンジニアのキャリアパス

機械、電気、メカトロ、組み込み分野のエンジニアたちはどのようなキャリアパスを通じて一人前のエンジニアとなっていくのでしょうか。そのキャリアパスのモデルを実例を交えながら解説していきます。

キャリアパス概要

基礎知識、必要スキル、周辺知識を積み上げて一人前に!

大学、工業高校、専門学校等で機械分野や電気分野の基礎知識や、CADなどの関連スキルの基礎を身に付け、実際にメーカーでOJTにより専門性と実用性を兼ね備えていきます。一人前のエンジニアには、最終的な職種が何であれ、基礎的な知識や関連部門の業務内容に関する知見も必要とされるため、社会に出てからずっと同じキャリアを積み上げていくわけではありません。

例えば機械の構想設計までできる人は、それが生産される設備設計に関する知識や工程改善、治具設計など、関連部門に関する基礎知識がある、あるいは若いころにそれらの部門での経験を積んでわかっているものです。下図に、その模式図を示します。

目標となるキャリア
  • 機械設計エンジニア

  • 設備設計エンジニア

  • 生産技術エンジニア

  • 生産技術エンジニア
    (FA制御システム系)

  • 金型エンジニア

  • 品質保証エンジニア

目標となるキャリア
  • 電子回路(汎用)設計エンジニア

  • モジュール設計エンジニア

  • 無線・高周波回路設計エンジニア

  • パワエレ・モータ
    インバータ制御回路等の
    電気回路設計エンジニア

  • 生産技術エンジニア

  • 品質保証エンジニア

<機械設計エンジニアのフローチャート例>

多くの日本のメーカーが必要としているグローバルな競争力のためには、製品企画段階でコスト設計、生産効率改善の計画も込みで計画書を書く必要があり、タクト改善での原価低減の知識も必要です。上図に示すように、最終的な職種が機械設計エンジニアとしても、 双六のように一本道でキャリアが築かれる訳ではありません。
例えばエンジニアピットを運営するフォーラムエンジニアリングでは、異なる業界の大手メーカーで様々な職種の案件を紹介しているため、自らが理想とする最終的な技術者像がはっきりしている方は、必要とする周辺職種の知識やスキルを実際の仕事の中で身に付けていくことができ、一社のみでは得られない幅広い技術を身に付けるチャンスを得ることができます。
また、そうした明確なビジョンをまだ持っていない就活生や第二新卒者へも、エンジニアとして十年以上のキャリアをもつキャリアカウンセラーが綿密なキャリアカウンセリングを行い、キャリア形成についてアドバイスをしたり、各業界の市場動向を調査してスキルセットの市場価値の予測に基づき、将来的に市場価値のある技術者として大成して頂くための万全のサポート体制を整えています。

技術系の方々にとっては経済動向・市況調査は専門の埒外ではありますが、個人のライフプランを考える上では、文系・理系・工学系等の枠組みを捨てて、自分自身の将来設計のために積極的な情報収集が必要となります。