モノづくりエンジニアのための情報ポータルサイト|エンジニアピット

CAREER LAB【速報・東京モーターショー2017 一足早くプレスデーレポート】

【速報・東京モーターショー2017 一足早くプレスデーレポート】
DATE2017/10/11

2017年10月27日(金)~11月5日(日)の10日間、東京都江東区の東京ビックサイトにて、最新の自動車や二輪車が集う展示会「第45回東京モーターショー2017」が開催されます。

大盛況だった一昨年の東京モーターショー2015では、水素を利用した新エネルギーや事故を未然に回避する自動運転やアシスト機能などの最新技術などが見どころでしたが、今回は「BEYOND THE MOTOR」をテーマに、クルマの進化はどこへ向かうのかという大きな自動車の変革について取り上げ、さまざまな自動車の電動化や自動運転技術などが発表されています。

今回一般公開に先立ち、報道関係者へ事前に公開されるプレスデーに参加し、その模様をキャリアラボでいち早くお伝えします。

夢のエンジンが実現

まず、筆者が一番今回見たかったマツダのブースへ。今回世界初出展となるマツダ魁CONCEPTは、再来年に発売される新開発エンジン「SKYACTIV-X」と、次世代車両構造技術を採用しているコンセプトカーです。SKYACTIV-Xとは、ガソリンとディーゼルの両方の長所を合わせ持つ夢の次世代エンジンで、世界の自動車メーカーやエンジン技術者たちが「究極の内燃機関」と位置付けているもので、マツダはどこのメーカーよりも早く実現。
ガソリンエンジンは燃料と空気の混合気にスパークプラグの火花で着火するのに対し、ディーゼルは空気を圧縮して高温としたところに燃料を噴射して着火しています。このエンジンはガソリンを燃料としながら、ディーゼルのように圧縮着火することで、低燃費・クリーン性能とパワフルな走りを両立できたエンジンとなっています。

スバリストも注目

つぎはスバルのブースへ。 こちらも世界初披露となる「VIZIV PERFORMANCECONCEPT」という、スバルが考える安心で楽しいクルマ作りの将来ビジョンを具体化したコンセプトモデルカー。自動運転技術普及期を見据えたスポーツセダンとなっています。 このコンセプトカーが、将来的なスバルのスポーツモデルWRXやWRX STIに発展する可能性も予想されます。スバリスト(スバルファン)の方々も注目していることでしょう。

私の後ろに乗ってみる?

続きまして、ヤマハのブースへ。 スーパースポーツモデルYZF-R1Mの新型かな?いや何か上にのっているような…。もうお気づきかと思いますが、バイクを運転するロボットなのです。このMOTOBOT VER.2は、自律ライディングロボットで、6つのアクチュエーターを制御し、車両操作をより人間に近いものとすることで、高速でのサーキット走行を可能としています。近い将来、四輪車だけでなく、バイクの自動運転も実現するかもしれません。

完成車メーカーを支える部品メーカー

次は自動車部品メーカーのケーヒン(https://e-pit-maker.jp/000067/)のブースへ。 ホンダ系最大のティア1メーカーのケーヒンで、キャブレターをはじめとした燃料系システム製品をご紹介。いまや燃料噴射もインジェクションが主流となっていますが、タイやインドネシアではまだまだキャブレターとそれを制御する機器が用いられており、50cc~150ccといった小型排気量のオートバイで需要が伸びています。なかでもインドでは約7割のシェアを獲得しています。

つぎは自動車空調システムをご紹介。 いまホンダの大人気の軽自動車「N-BOX」の空調機器は、実はケーヒンが手掛けています。軽自動車とは思えない広い車内空間で人気を博しているN-BOXはケーヒンの技術が貢献しています。それは、助手席側の膝部分位に位置するグローブボックス付近にあった、エアコンの下向きに付いていた送風用ファンを小型化し、横向きに取り付けることで、助手席の空間を大きく確保することができるようになったとのこと。小さくして横向きに取り付けるためには、空気の流れなどの解析などにかなりの苦労があったようです。 このように、さまざまな技術を駆使することで、完成車メーカーをささえている部品メーカーも多数出展されていますので、東京モーターショーへ来場の際は、ぜひお立ち寄りください。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催も近づき、世界中が注目する東京で、二年に一度開催される自動車展示会「東京モーターショー」は、プレスデーから大盛況となっています。今回プレスデーの限られた時間での取材でしたが、各自動車メーカー、部品メーカーの最新技術をみることで、クルマはこれからどうなっていくのか、クルマという概念が大きく変わってしまうのかなど、クルマの進化を感じとることができた展示会でした。また読者の方にも、この記事を通して熱気が少しでも伝わればと思います。

キャリアラボ・法橋宏幸


エンジニアピット キャリアラボ一覧へ戻る

  • 関連記事はありません