モノづくりエンジニアのための情報ポータルサイト|エンジニアピット

CAREER LABナノスチールが自動車向け高性能鋼材をゼネラルモーターズに納入

2016/04/26 01:39:00

ナノスチールが自動車向け高性能鋼材をゼネラルモーターズに納入

鋼材の軽量化能力を飛躍的に改善AKスチール・コーポレーションと共同で開発・生産



(米ロードアイランド州プロビデンス) -- (ビジネスワイヤ) -- ナノ構造スチール素材のリーダー企業であるナノスチールは本日、当社の最初の高性能高強度鋼材(AHSS)を、初期テストのためにゼネラルモーターズに納入したと発表しました。この鋼板は、自動車メーカーに材料性能の新基準を提供すべく設計されており、燃費規制の世界的な強化に手頃な価格で対応することを目指した自動車軽量化の取り組みを加速させる見通しです。この材料は、ナノスチールとスチール製品開発の革新で業界をリードするAKスチール・コーポレーションとの複数年にわたる共同開発プログラムによって生まれたもので、1000億ドルを超える自動車用鋼材市場向けに生産します。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから:http://www.businesswire.com/news/home/20160425006207/ja/

NanoSteel Automotive Sheet (Photo: Business Wire)

NanoSteel Automotive Sheet (Photo: Business Wire)


ナノスチールが商用生産している車体用鋼板は、並外れたレベルの強度と成形性を同時に提供して(引張強度が約1200MPa、伸張が50パーセント)、それらの特性の二者択一を強いていた従来の材料の弱みを克服しています。高強度のため、設計者はゲージが薄手で軽量の材料を使って部品を開発できる一方、高伸張でもあるため、メーカーは高価な処理技術、従業員の再訓練、新たな資本コストなしに、新たな設計の部品を製造できます。これら特性の独自の組み合わせにより、エンジニアは斬新な形状の部品を自由に作ることができるので、さらなる軽量化に役立ちます。


ナノスチールの最高経営責任者(CEO)兼社長のデイビッド・パラトルは、次のように述べています。「多くの先端材料は優れた特性を備えていても、使いにくい、または製造コストが高額などの理由で、結局は見限られてしまうことがあります。ナノスチールの高性能高強度鋼材は、生産しやすく、使いやすい設計となっています。具体的には、標準的なスラブ鋳造機で従来の合金化元素を使用するため、生産が容易で、室温で部品のスタンピングと成形が可能なため、ホットスタンピング成形する部品で必要となるような新たな製造インフラや投資が不要です。」


AKスチール・コーポレーションのロジャー・ニューポート最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ナノスチールと提携して、この魅力的な新製品を市場に投入できることをうれしく思います。当社は、従来のスラブ鋳造を使って、この斬新な製品を製造する最初の製鉄業者となりますが、長年にわたって革新で成功を収めてきた当社の実績に、この成果が加わることを誇りに思います。」


パラトルは、次のように語っています。「ナノスチールの鋼板の優れた特性により、自動車メーカーは絶えず変化する自動車設計の要件に廉価なコストで対応できると、当社では確信しています。そして、選ばれる材料となるべく熾烈な戦いが繰り広げられる中、鋼の競争力が認められる新時代を育ててくれるでしょう。」


ナノスチールについて


先端材料企業のナノスチールは、ナノスケールのマイクロ構造によって得られる非常に優れた機械的特性を持つ、特許取得済み鋼材の設計・商用化を専門に手がけています。当社は主として、自動車軽量化用途の鋼板で使われる専有的合金に重点を置いています。ナノスチールは2002年に、米国エネルギー省のアイダホ国立研究所のスピンオフとして設立され、金属皮膜、付加製造向け粉末、鋼板など、世界で取得済み特許あるいは出願中特許によって保護されている革新的な鉄鋼材を、複数世代にわたり開発しています。非公開企業のナノスチールは、筆頭株主であるEnerTech、フェアヘイブン・キャピタル、GMベンチャーズから資金提供を受けています。詳細情報については、www.nanosteelco.comをご覧ください。またツイッターで@NanoSteelCoをフォローしてください。


AKスチールについて


AKスチールは、主として自動車、インフラ、製造、建築、発電、配電の市場向けに圧延鋼材、ステンレス鋼・電炉鋼製品を生産している世界的リーダーです。オハイオ州ウェストチェスター(グレーター・シンシナティ)に本社を置き、インディアナ、ケンタッキー、ミシガン、オハイオ、ペンシルベニア、ウェストバージニアの6州にある8つの製鉄所、2つのコークス工場、2つのチューブ製造所で、約8500人の男女従業員を雇用しています。AKスチールの詳細情報については、www.aksteel.comをご覧ください。


本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





Contact

NANOSTEEL
Robyn Kennedy, 617-694-7373 (cell)
rkennedy@nanosteelco.com



ビジネスワイヤ

BusinessWire

エンジニアピット キャリアラボ一覧へ戻る