モノづくりエンジニアのための情報ポータルサイト|エンジニアピット

ひとつの会員IDで
エンジニアピットの全ての
サービスがご利用いただけます!

初めての方はこちら

会員ID作成(無料)
エンジニアピット会員IDとは

会員情報をお持ちの方はこちら

ログイン
  • HOWTO 職務経歴の書き方
  • CAREER LAB キャリアラボ一覧
  • SPECIAL 特集一覧
  • INFORMATION お知らせ一覧
  • 業界動向レポート
  • エンジニアキャラタイプ診断
  • エンジニアピットからのお知らせ配信中
  • Facebook 公式ページ
  • Twitter 公式ページ
I'm an ENGINEER

ENGINEER No.2

1991年入社/名古屋支社所属
生産技術エンジニア
加藤 文博さん

最先端の場所で、
ものづくりに関わっていきたい。

最先端の場所で、ものづくりに関わっていきたい。
そんな考えを強く持っていました。特に、学生の頃から自動車や飛行機の設計をやりたいと考えていました。しかし、いざ就職となった時に自分でなにをすればいいのか、どういう会社に行けば良いのか、というのが全然分かりません。
それをフォーラムエンジニアリングに相談した時にこういう会社で設計出来るよ、とキャリアビジョンを見せてくれたことがきっかけで、フォーラムエンジニアリングに入社して、 設計エンジニアを目指そうと思いました。

常に現場に関われる事は、
やりがいを強く感じる事ができる

今は、旅客機の主翼生産技術チームのグループリーダーをやっています。
最初に飛行機の設計(ヘリコプターや飛行機の胴体)などを行い、その後、自動車エンジン廻りの設計、トランスミッションの設計、を経て現職に就きました。8人のチームで艤装品(ぎそうひん)と呼ばれる箇所や燃料タンクなどが主な担当箇所となります。この部分は他のチームと連携する事が非常に多いので、他のチームリーダーと連携を取りながら、全体をイメージして作成していきます。小さな傷が残るだけでも大事故につながってしまう可能性のある重要な場所ですので、慎重さも求められます。
グループリーダーとして携わらせていただいていますので、現場と設計側双方と関わる事ができ、非常にやりがいを感じて仕事ができています。
エンジニアとして常に現場に関われる事は、やはりやりがいを強く感じる事ができる重要な要素ですね。
自分の足りないスキルや、もっと身につけなくてはいけないことなど多くの学びを得る事ができますので、本当に現場は楽しいな、と思います。
クリエイティブなものづくりに今後も関わっていきたいです。
最初は飛行機や自動車の設計がやりたくて入社しましたが、自分のやりたい事はクリエイティブなものづくりに関わる事なのだと、働き続けていく中で気づく事ができました。

エンジニアとして
色々な経験をすることで
やりたいことが明確になっていく

フォーラムエンジニアリングは良い意味で我がままを聞いてくれる事が助かります。
例えば、就業先が変更になった際の場所や、時期など、様々なところで、融通を利かせてくれます。
エンジニアとしての仕事に集中出来ます。例えば、特定派遣の場合、月1回全体会議のようなものが合ったりしますが、フォーラムエンジニアリングではそういったものはありません。常に現場に集中して業務ができますし、定期的に担当の方から連絡がきますので、その際に話をしたり、軽く打ち合わせを行ったりするくらいです。フォーラムエンジニアリングに入って思った事は、やりたい事が明確じゃないのが当たり前。漠然としたものでもいいから、やりたいと思う事をまず見つけて、経験する事。その経験を元に自分のやりたい事が見つかると思いますので、エンジニアとして色々な経験をすることでやりたいことが明確になっていくのだなと思いました。

フォーラムエンジニアリングの正社員について詳しく見る